トップページ > SEO対策

アメブロのブックマークからのリンクがnofollowに変化しました

2013/07/25 16:00:01

テーマ:SEO対策

これまで自サイトへアメブロからの誘導で
ブックマークからリンクを掲載するようにおススメしてきました。

アメブロさんの方針が変更になり、
ブックマークからのリンクに「nofollow」タグが付くようになりました(7月10日確認済み)。
早合点して、アメブロはおわり!なんていっていては、損をしますよ!

「アメブロを使わない」理由にまではなっていないかも

アメブロは、ネットリテラシーの低い人でも簡単に運用できる便利なツールです。

nofollowになってSEO対策にならならって、アメブロを使わないのももったいないです。
被リンク先としてしか考えてないなら、終わりかもしれません。
そんなもったいない使い方でアメブロを使ってませんよね。

アメブロのユーザー間の信頼関係、これには重要な要素の一つです。
 余談ですが、Google+のユーザー間の信頼関係も目を見張る所があります。

また、SEO対策には いろんな要素があって、その中にアクセスという指標もあります。
アメブロユーザーと厚い信頼関係を気づいていたら、おススメする外部サイトも必ず見てくれます。

しかし、いつ削除されても文句の言えないアメブロ。
ビジネスで利用している場合は、アメブロだけに頼っているのは危険です。
他からのビジネスへの入り口もしっかり作っておきましょうね。

独自ドメインは育てるのに時間が必要になります。
必ず逃げ道を作っておいてください。

今の時代の おすすめは? と聞かれると WordPressと 筆者はお答えします。

いざとなった時に、手遅れにならないように、計画的に対処しておきましょう。

まだアメブロは、使えるツールですので、別の逃げ道もつくりながら、アメブロでしっかりとその下準備も整えておいてください。

アメブロでまだデキきる!3つのポイント

アメブロもおわりか…なんて言う人も見かけますが、そんなことはありません。

アメブロから自サイトへ誘導する際の有効なリンクの掲載位置は

  • 記事内
  • フリースペース内
  • フリープラグイン内(フッターなどに使用)

からのリンクには、「nofollow」タグが付いていません

これらの位置で、掲載する方が被リンクとしての効果が高くなりますので、

今 一度、掲載位置の見直しをしてみましょう。

nofollowについて

rel=”nofollow” – ウェブマスター ツール ヘルプ

nofollow が指定されたリンクの Google での処理

通常、Google は、これらのリンクをたどりません。つまり、これらのリンクの PageRank やアンカー テキストを転送しません。nofollow を使用することは、Google のウェブ全体の図式からリンクを除外することになります。ただし、他のサイトが nofollow を使用せずに対象ページにリンクしている場合や、URL がサイトマップで Google に送信されている場合、対象ページがインデックスに表示されることがあります。また、他の検索エンジンでの nofollow の処理が少し異なる場合もあります。

無料ブログのlink属性・nofollow状態

ブログ

nofollow指定されている箇所

ライブドアブログ(livedoor Blog)

なし

楽天ブログ

 「他のブログを見る」部分

goo ブログ

ブックマーク・コメント欄の名前部分

FC2ブログ

なし

Yahoo!ブログ

コメント欄の名前部分・トラックバック

JUGEM(ジュゲム)

コメント欄の名前部分・トラックバック

はてなダイアリー

リンク元・トラックバック・コメント欄の名前部分

はてなブログ

なし

 エキサイトブログ

コメント欄の名前部分・トラックバック

Seesaa ブログ

コメント欄・トラックバック

So-netブログ

トラックバック・コメント欄の名前部分

スタ☆ブロ

コメント欄の名前部分・トラックバック

ココログ

コメント欄の名前部分・トラックバック

yaplog!

ブログ記事内のリンク、サイドバーのリンク

フルーツブログ

なし

ウェブリブログ

なし

WordPress.com

コメント欄の名前部分

忍者ブログ

トラックバック・コメント欄のURL・mail部分

SNSのlink属性・nofollow状態

Twitter follow
Facebook nofollow
Google+ follow

となっています。